トレーニングの3原理とは?

 こんにちは。スワン高槻パーソナルトレーナーのそうちゃんです。

筋トレをしている方に必ず目を通しておいて欲しい内容です。

トレーニングの効果を出すために大切なトレーニングの「3原理5原則」というのがあります。

今回はその3原則について話しています。↓↓

・過負荷の原理

 日常生活以上の負荷をカラダにかけないとトレーニングの効果は現れないということです。

もちろん筋力アップや筋肥大などが目的の方の場合、そしてトレーニングフォームがしっかりできた上での話です。

・可逆性の原理

 トレーニングをやめてしまうと、効果が元通りになってしまうということです。

人間というのは使われなければその身体機能というのは基本的に機能が落ちます。筋肉も同じです。

経験された方もいるかもしれませんが、入院すると著しく筋力が低下します。なぜかというと、ほぼ寝たきりで、筋力を使わないからです。

・特異性の原理

 目的に合ったトレーニングをしなければならないということです。

めちゃめちゃ簡単に言うと、腕を太くしたいのにスクワットばかりしても腕は太くなりませんよということです。

まとめ

 個人差は必ずありますが、基本的な概念を覚えておいて損はないでしょう。

この記事の著者↓↓

スワン高槻パーソナルトレーナー・波多奏佑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA